診療内容

当院では以下の症状及び疾患への治療を心がけています。
これらに対して精神療法及び薬物療法により症状の軽減を図りたいと思います。
  • 不眠、めまい、発汗、動悸、微熱(不明熱)、腹部異和感等の自律神経失調症状
  • 動悸、過換気発作等のパニック発作(パニック障害)。状況回避、予期不安等の恐怖症状、社会不安症状
  • 気分の落ち込み、意欲集中力の低下、全身の倦怠感、睡眠障害、寝起きの悪さなどの抑鬱症状(うつ病)。
  • 児童思春期から青年期への発達障害。学習障害(LD)。
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)。特に成人型ADHDに対して安全な治療剤ストラテラおよびコンサータ発売に伴い、
    思考能力改善作用を利用した治療可能性は高まっておりWAIS、CAARS評価及び病歴評価の上加療を開始します。
  • 青年期以降、特に就労を背景に明らかになることも多い広汎性発達障害≒ASD自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症、アスペルガー症候群等)及びこれらの診断と治療。
  • 摂食障害(過食、過食嘔吐、拒食)
  • 躁鬱病
  • 統合失調症
  • てんかん
  • てんかん性精神病
  • 老年期精神障害
  • 夫婦間葛藤、母子葛藤にもとづくうつ状態。